ほぼ全線4車線道路の車なら走りやすい道路 【栃木県道2号宇都宮栃木線・往路】 走行日2022年2月24日

サイクリング

さて今回は、県道サイクリングシリーズ第2弾、『栃木県道2号宇都宮栃木線』をサイクリングしたいと思います。

 

 

 

ワタクシ、ロードバイクを購入したものの、休みが少なくて、なかなかロードバイクに乗る機会がなく、ストレスが溜まる日々を過ごしていますが、今回やっと遅めの冬休み取ることができましたので、今までのストレスを発散させるべく、県道サイクリングを計画したわけなんです。

そんなわけで、ワタクシの欲望のままに、県道2号の起点『桜2丁目交差点』からスタートします。

 

 

 

スタートして、県道2号の標識が現れました。

たしか40年前、この場所の左手には、ドムドムバーガーのショップがあったと記憶してますが、覚えている方はいるでしょうかね。

まだ宇都宮市に、マクドナルドが進出する前から、ドムドムは進出していましたので、我々の世代では、ハンバーガーと言えば、ドムドムを連想する人が、多数だと思います。

 

 

 

県道2号は、起点から数百メートルが、片側1車線道路なのですが、近い将来道路の拡張があるのようで、かなり準備のほうが進められています。

この辺りは、半径1kmくらいの範囲に、5つの高校が密集している地帯で、通学時間帯は自転車で道路があふれてしまうほど、かなり危険な道路ですので、是非とも自転車道のスペースも考慮しての道路整備をお願いしたいです。

 

 

 

県立博物館東交差点です。

これより先、栃木市まで『県道2号』は、4車線道路が続きます。

車で走行するには、最高に走りやすい道路ですが、車の速度が上がる分、自転車には走り難い道路が続きます。

 

 

 

 

通称『宇高前陸橋』と呼ばれている、JR日光線を跨ぐ陸橋です。

『宇都宮高等学校』の前にあることから、そう呼ばれているのですが、ワタクシが運転免許証を取得した頃は、まだ合計3車線道路でしたのでよかったのですが、いつの頃からか、4車線道路に変わってしまったため、ご覧のように『ビックリマーク標識』が設置されるほど、自転車にとって危険な陸橋になっております。

宇都宮市は『自転車の町』をアピールしておりますが、学校前の通学路が、こんな危険な道路では、自転車の町をアピールされても、恥ずかしいものです。

まぁ、別に役所を批判するつもりはありませんが、栃木国体開催のために、立派な競技場を作るくらいなら、若者の生命を守れるような安全な道路を作るべきだと思うのですが、いかがなものでしょうか。

 

 

 

西川田町で栃木街道は、旧道とバイパスに分かれます。

県道2号は、バイパスのほうを進んでいきます。

 

 

 

『西川田本町交差点』を通過すると、『淀橋南交差点』まで、国道121号との重複区間になります。

ちなみに標識は出ていませんが、『県道3号』との重複区間でもあります。

 

 

 

スタートしたばかりなのに、栃木市まで残り20kmですね。

県道1号と違って、今回は峠道もないので、楽勝な感じです。

このまま何事もなく、ゴールに向かいたいですね。

 

 

 

大きなロケットが目印の『栃木県子ども総合科学館』です。

子ども総合科学館の名前とは裏腹に、大人でも十分に楽しめる施設となっております。

帰りに時間がありましたら、寄り道してみたいと思います。

 

 

 

宇都宮市と壬生町との境に架かる『淀橋』です。

画像は栃木街道バイパスから、先ほど分岐した栃木街道旧道を写した画像です。

淀橋でいちど近づきますが、すぐにまた旧道とは別れます。

 

 

 

これより先しばらくの間、壬生町を走行して行きます。

 

 

 

壬生町の大病院『独協医科大学病院』です。

最先端の医療を提供する大学病院の敷地内には、医科大学や看護専門学校があり、生命を守る若者たちが、日々勉学に励んでいます。

 

 

 

『おもちゃのまち駅』の案内板です。

『おもちゃのまち』の名前の由来は、1960年代に玩具工場を誘致して、工業団地ができたため、当時のトミー(現 タカラトミー)の創業者 富山栄市郎が名付けたそうです。

ワタクシの小学校では、社会科見学先として玩具工場が一番人気でした。

 

 

 

そんな壬生の中心街は、『おもちゃのまち』ではなく、もう少し南下したところにあります。

残念ながら、県道3号は右にカーブをしてしまうので、今回は紹介できません。

 

 

 

ゴールまで残り10kmを切りました。

 

 

 

国道352号と交差します。

 

 

 

一部の信者からは、絶大な支持を得ているラーメン店、『ラーメン二郎 栃木街道店』です。

まだ午前10時で開店時間前ということもあり、お客さんの姿はありませんね。

看板にある『ニンニク入れますか?』は、実はニンニクの事を聞いていないという噂を聞いたときに、スターバックスでコーヒーのオーダーも、できないワタクシには無理だと思い、ラーメン二郎には近寄らなかったワタクシでしたが、せっかくの機会ですから、帰りにでも寄って食べてみたいと思います。

 

 

 

今井交差点です。

昔は、この交差点を右折してたのですが、惣社今井バイパスが開通してからは、栃木街道の時間短縮に、ひと役買っています。

 

 

 

下に見えるのは、東武宇都宮線の線路です。

県道2号は、東武宇都宮線とほぼ並行して走っているので、万が一自転車にトラブルが生じても、輪行という手が使えるので、安心して走れますね。

それに県道を走破するのにも、スケジュール上、自宅から自走できないときは、輪行する場合もあると思いますので、今から楽しみにしております。

 

 

 

遠くに筑波山がくっきりと見えます。

 

 

 

この先、県道2号は高架になり、自転車での走行は危険と判断したため、側道へと逃げます。

 

 

 

どうやら側道のほうも、県道2号を名乗っているようです。

 

 

 

再び本線と合流します。

 

 

思川に架かる『新保橋』です。

林で隠れて見えないですが、川の向こう岸には、日本最大の女子刑務所『栃木女子刑務所』があります。

『阿部定』や『小向美奈子』が収監された刑務所としても有名ですね。

 

 

 

『新保橋』を渡ると、すぐに栃木市に入ります。

 

 

 

これより先は、栃木バイパスと別れ、『旧栃木街道』を進みます。

 

 

 

先ほどまでとは打って変わり、道幅も狭くなり、片側2車線道路です。

交通量が減った分、こちらのほうが自転車には走りやすい道路です。

 

 

 

東武日光線の踏切が見えてきました。

東武日光線は、すぐ手前の駅『新栃木駅』で東武宇都宮線と合流したので、呼び名は変わってしまいましたが、宇都宮発の列車の何本かは、南栗橋駅まで運行しています。

昔は普通列車でも、浅草まで乗り換えなしの列車が、たくさん運行しており、ワタクシも金がない若い頃は、大変お世話になりましたが、平成18年に普通列車の運行は無くなり、令和2年には、『特急しもつけ』の運行も廃止になったそうです。

 

 

 

ゴールの万町交番前交差点です。

 

 

 

万町交番です。

栃木市は『蔵の街』をアピールしているだけあって、交番まで蔵をイメージした外観になっております。

話は変わりますが、県道1号・2号走破した時の連休以来、休みが全くなかったので、記事の作成が、こんなにも掛かってしまいましたが、未だ県道3号はそうはできておりません。

とりあえず今夜の夜勤は、明日の朝、未明には終わる予定なので、元気があれば県道3号を走破する予定です。

 

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
\取扱商品数30,000点以上。国内最大級の自転車通販サイト/
\  ロードバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車・ /
\  自転車パーツ・サイクルウェア・ヘルメット など /
▼ ワイズロードオンライン
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3N1VDL+DGMV76+4JDO+5YZ77
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★


読んだらクリックお願いします  

コメント

タイトルとURLをコピーしました